工務店とハウスメーカーの違い

間取り

さいたま市で注文住宅を建築する場合には、工務店とハウスメーカーの違いを理解しておくとよいでしょう。工務店は基本的に地元密着型のところが多くなります。そのため、地元の情報をよく知っているのが大きな特徴になるでしょう。その代わり、全国展開していませんので、テレビコマーシャルなどをやっていることはあまりありません。メジャーなところはあまりないのが特徴になります。住宅の建築期間は、ハウスメーカーに比べると若干遅くなるといってよいでしょう。なぜなら、ハウスメーカーのように最初から決まった形があるわけではないからです。これに対して、ハウスメーカーは比較的早い段階で住宅の建築を完了させることができます。ハウスメーカーにはそれぞれブランドがあり、きまった形が出来上がっていることが多いです。そこに、依頼者の方で細かな条件を付けていきオリジナルの住宅を作る形です。有名なところが多いですが、その半面ブランドがあるため費用が高くなりがちでしょう。

つなぎ融資の仕組みを理解する

一軒家

これからさいたま市で注文住宅を建築しようと考えている場合には、つなぎ融資を理解しておいた方がよいです。一括で支払うお金がない場合には、つなぎ融資を理解することで注文住宅の住宅ローンの仕組みがわかります。通常住宅ローンは、建物が建築されていなければ実行することができません。注文住宅の場合には、土地を購入するところからスタートすることが多いですが、当然この段階では建物がないわけです。そうすると、住宅ローンを組むことができません。また、建物を建築するときも前金の支払いをしなければなりません。建築が完了していませんので、やはり住宅ローンを組めない仕組みです。そもそもなぜ利用できないかといえば、担保がないからです。通常建売住宅の場合は、建物が完成していますが完成した建物を担保に住宅ローンを利用できることになっています。ですが、注文住宅の場合は建物が完成するのが一番最後になりますので、理屈上は住宅ローンを利用することができないわけです。ただそうすると、住宅ローンを利用することができなくなってしまいますので、便宜上つなぎ融資を利用することになります。これは、住宅ローンの契約をする前の段階で最初に住宅ローンの利息だけ支払う仕組みです。そして、建物が完成しようやく住宅ローンが実行される段階になれば、本格的にローンの支払いをすることができるようになります。

広告募集中